Bien Venidos(ビエン・ベニードス)音楽の杜へ2011/12/10


2011年12月10日放送
Bien Venidosはラテンジャズ・ブラジリアン・スパニッシュなどを中心にお送りしています。もちろんそのほかもお楽しみいただきます。何が出るかその時々に合わせて、き・ま・ま・に・・・・ (毎週土曜日午前11時~・・・再放送火曜日午後11時~)

ビエンベニードス、今日のオープニングは、、メキシコから、いつまでもスーパーガールのパウリナ・ルビオ・・・
M#1  Me Gustas Tanto(メ・グスタス・タント)
***Paulina Rubio(パウリーナ・ルビオ)Brava!2011より

ものすごい迫力、実はもう40歳なんだけど、もう、そのギャル度はますます、といった意味で、なんか、メキシコの松田聖子さまといった感じです。
もう押しも押されもせぬ、大スターですね。歌よりか何よりか、どうやったら、ああいうボディを製作できるの?というくらい、目もくらむ筋肉美、 お母さんも大女優だったらしいから、もしかしたら、御幼少の時から、芸能英才教育を受けていたのかもしれませんね。

さてそのパウリナが、ぜんぜんタイプの違う人たちとコラボしています。といってもメキシコの伝統歌謡の一つ、ノルテーニョというジャンルです。メキシコ人のパウリナにとっては親しみのあるものかもしれません。こちらはもう40年以上のキャリアのある、メキシコではベテランの伝統的アーティスト、ロス・ティグレス・デル・ノルテ。いろんな人と共演しています、パウリナとの曲と、もう1曲アンドレス・カラマロとのもの。
M#2  Golpes en el corazon (ゴルペス・エン・エル・コラソン)
***Los Tigres del Norte(Ft. Paulina Rubio)2011(ロス・ティグレス・デル・ノルテ)
M#3 La mesa del rincon(ラ・メサ・デル・リンコン)
***Los Tigres del Norte(Ft. Andres Calamaro)2011(ロス・ティグレス・デル・ノルテ)

ロス・ティグレス・デル・ノルテというネーミングの意味は「北の方からやって来たトラたち・・・」といったところでしょうか、この彼らが歌い続けているノルテーニョというジャンルが、メキシコの北の方の歌謡曲です。そもそも、その昔テキサスからメキシコにかけて、スペインの植民地だったけどいつの間にかおいしいテキサスはメキシコからはがされてしまいます。でも労働者が欧州から集まっていたので、ポルカとかワルツとか、なんだか優雅な音楽も、地元と融合したようですよ。

こんな話をしているとだんだん長くなっちゃいますが、実は、いまメキシコって、とても荒れていて、麻薬取引とか、麻薬戦争状態。この北の伝統音楽が、実はマフィアの取引を題材にしたりという、まあ、長い歴史から生まれたものなんですが、これが物議を醸している。歌うことを禁止すると政治家が言えば、アーティストのほうは歴史を守る・・・・と。こちらも新たなる争いになっているとか。

では、ニューヨークサルサの雄、結成十周年記念アルバムを出しました「スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ」こちらはグラミー賞のラテン部門で11年度トップを飾っています。文句なしの一枚、聞きましょう。
M#4 Como Baila Mi Mulata(コモ・バイラ・ミ・ムラータ)
M#5 Regalo de Dios(レガロ・デ・ディオス)
****Spanish Harlem Orchestra(スパニッシュ・ハーレム・オーケストラ)
Viva La Tradicion2010
イサック・デルガドがヴォーカルで参加しているのもあるのですが、また、後日・・・おいおいかけていきましょうね。
ちょっと音楽を離れて、お寿司の話、メキシコ寿司と言えば、だれでも想像がつくのがアボカドの寿司、これも本場メキシコではそんなもんじゃない、アステカ巻なるものが名物?かどうか知りませんが、ネタはサボテン!「ノバル」っていう葉っぱ型のサボテンで、サプリにもなるほどの栄養たっぷりのものだそうです。
彼のメキシコにも寿司屋さん、たくさんあるそうで、空港にも回転ずしがあるとか、まネタの定番はカニカマ、チーズ、アボカド・・・・なかなか、エスニック。

メキシコ、まだまだ続きます。ロマンティック歌謡と言えばこの人、作家でもあり、プロデューサとしても大活躍。
色っぽいいかにもメキシコという感じの新しいオフィシャルビデオが話題です。まずは聞きましょう。マルコ・アントニオ・ソリス
M#6 Ya Nada Es Igual(ジャ・ナダ・エス・イグアル)
M#7 Hay De Amores A Amores(アイ・デ・アモレス・ア・アモレス)
***Marco Antonio Solis(マルコ・アントニオ・ソリス)En Total Plenitud (2011)
そのオフィシャルビデオのお話を、これはちょっと軽快なテンポの曲なんですが、場所はゴージャスなプールサイド。マルコの衣装はトレードマークと言ってもいいラフな真っ白のスーツ。周りには飛び切りスタイルのいい水着の女性が、じわじわじわじわ、最後には、うわ~っていうほど。女女女女・・・・ってだれか書いてたけど本当にそんな感じで、全員一緒に振付け通りに踊ったり、いきなり水に飛び込んだり、まあ面白いような、ちょっとわざとらしいような、これでもかっていうほどの演出、必見です、
こちら http://www.youtube.com/watch?v=FtjbANpPd_o

ルシアーナ・ソウーザ…彼女はシンガー・ギタリスト・コンポーザーでありますWalter Santosを父親に、詩人Tereza Souzaを母親に持つブラジル、サンパウロ生まれの女性ジャズ・シンガーです。恵まれてますね。2009年のTideから。
より詳しい情報はこちら「音楽の園 music of my mind」↓
http://eastzono.seesaa.net/article/121388151.html
M#8 Circus Life
M#9 Fire And Wood
***Luciana Souza(ルシアーナ・スーザ)Tide2010より
今日のおしまいの曲クリスティアン・カストロです。
M#10 El Triste(エル・トリステ)
***Cristian Castro(クチスティアン・カストロ)

ここに来てくれた人はもうよくご存知でしょうがこのBienvenidosは「サイマルラジオ」で、世界中どこからでも。聞けるようになりました。トップページの「サイマルラジオ」のバナーをクリックして「FMたちかわ」の放送を聴くをクリックしてくださいね。放送時間中でしたらお聞きになれます。

また皆様がお持ちの情報やメッセージ、ご感想など何でもお気軽に番組までお寄せください。お待ちしています。
メッセージはこのHPの投稿フォームからどうぞ!お待ちしています。
では。また来週!
小田陽子HPはhttp://www.odayoko.com/
ブログはhttp://blog.livedoor.jp/oda1961/
小田陽子Twitter http://twitter.com/odayoko